業績UP!税理士の選び方

「そもそも税理士って何をしてくれるの?」
「税理士って本当に必要なの?」

税理士とは、税金を計算する人。
そのように思われる方が多いのではないでしょうか?

確かに、税理士は税金を計算し、申告手続きを代行いたします。
そのために経理を代行したり、支援したりします。

それでは、そもそも経理とは、何のために行うのでしょうか?
・税金申告のため
・銀行からお金を借りるため
・株主に報告するため
どれも大切です。

しかし、税理士法人ASUWAは、こう考えます。
「経理とは経営者が経営判断を行うためにある」

経営課題はお客様によって異なります。

税理士法人ASUWAは、ただの「記帳屋」「申告屋」ではなく、本当の意味で「お客様の役に立つ存在」でいたいと強く思っています。

イメージ画像

税理士の二極化

税理士業界のお話を少ししたいと思います。

税理士業界は、今、大きな分岐点に立っています。

会計ソフトの進化により、格段に会計が楽になりました。
知識を持たなくても、それなりの形が出来上がります。

その点を利用して、安く、機械的に大量の申告書を作成する、「申告代行サービス型税理士」。
逆に、代行に重きを置かず、正確な会計処理支援と会計データの活かし方を伝えていく、「提案サービス型税理士」。

税理士のサービスは完全に二極化しています。

経理にコストと時間をかけないという企業戦略は非常に重要です。

しかし、経理には守るべきルールもあります
逸脱した場合には、長期の税務調査と膨大な追徴、会社の信用低下を招きます。

他方、経営者の皆様には、培われた技術や営業力、知識と経営経験と言った武器があります。

知識や経営力があれば、コストと時間を削減できる前者のサービスが有効です。
逆に、技術や営業力に自身のある方は、その活かし方が重要です。

正しい経理で会社を守り、細かな経営分析と目標管理で攻める経営を行う。

税理士法人ASUWAは、「提案サービス特化型税理士」です。

節税・業績UPのために

当事務所は節税、業績UP支援に特化しています。

税金を0にすることは簡単です。
不必要な経費でもお金を使えば税金は減ります。

しかし、それではお金が貯まりません。
30万の節税のために、100万円の費用が必要だからです。

節税の本当の目的は、「無駄な税金」を少なくすることを通して、資金を上手に会社や個人に貯めていき、財務体質を強くすることです。

まずは、システムや業務フローを見直し、正しい実績が出せる体制を構築する。
そして、目標設定と正しい実績に基づき経営判断を行う。
そこで、得られた利益に対し、長期的な視点から節税手段を検証する。
そうして、会社の信頼と格付けを獲得する。
やがて、貯まった資金が正しく保全できるよう、対策手段を考える。

それこそが、長期的にお金と信頼と実績を積み重ねていく最短の道だと税理士法人ASUWAは考えています。
税理士法人ASUWAは、5つの約束を実行することで、上記を支援し、企業と経営者の永続的発展を支援しています。

イメージ画像